<   2006年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こころが晴れるノート

こころが晴れるノート:うつと不安の認知療法自習帳
大野裕,2003,創元社
ISBN 442211283

認知療法とは,アメリカの精神科医ベックによって考案された精神療法のひとつで,情緒障害を認知における障害として扱い,認知パターンを改善することで治療を試みるものだ。近年その有効性が認識されて,活用されるようになってきている比較的新しい精神療法である。うつ病やパニック障害だけでなく,普段我々が不安を感じたり人間関係に悩んだりする場合にも同様に有効であるとも言われる。

本書は,認知療法を身につけるには具体的にどうしたらいいのか?を,ワークブック形式で,演習を通じて自習できるように構成されている。もちろん非常に平易な言葉で認知療法やその背景となる理論の骨子をわかりやすく説明もしているので,単にハウツーだけの実用性のみを追うものではない。

本書を手に取る人は,実際に,うつのように気力を持てない状態であることが想定される。そのときに,あまりに難しい内容ではとても読破できないだろう。しかしワークブック型であり,厚さも適度で,解説は平易,装丁や文字フォントも優しげである。ちょっとやってみようかな?という気分にさせてくれるのではないかと思う。気分が沈みがちだったり自分でも理由のわからない不安を感じることがある人は,一度ながめてみてはどうだろうか。

[内容や目次]
[PR]
by tsu2k | 2006-01-09 16:32 | 心理学本